今夏も「パタゴニア」のバギーズをはきたくなる。そう思えるマイナーチェンジの中身を解説
拡大する(全2枚)

耐久・撥水加工が施された、5インチ丈の定番型。裾のパッチはいつもどおりのロゴのものもあり。素材だけでなく縫製をフェアトレードに徹底しているのも共感できる。ショーツ7920円/パタゴニア 0800-8887-447、カットソー1万2100円/ウエスタン ハイドロダイナミック リサーチ(タトラスインターナショナル 03-5708-5188)、腕時計4万3890円/スント www.suunto.com/ja-jp/Support/customer-support


▶︎すべての画像を見る

それっぽさではなく、本物が欲しいのが我々の常。アウトドアでいえばそう、パタゴニアのような。

山や海での利便性を掲げるブランドは数多くあり、そうした機能面はもちろん重要だ。

だが、パタゴニアはもっと先にある、環境や社会を守ることの大切さに早くから気付きき、それに即したモノ作りやブランディングを行ってきた。

毎夏リピートするファンも多い定番ショーツ 、バギーズを見てもそれは明らかで、もう何年もの間パタゴニアはこれに再生素材を使ってきた。
▶︎バギーズの特集もCheck!
9名のリアルスタイル。愛しのパタゴニア バギーズ今季はさらにそれが進化し、素材は100%「ネットプラス」と呼ばれるリサイクルナイロンになっている。

この原料は使用不可になった漁網を回収してリサイクルしたもので、海洋プラスチック汚染の原因を減らし、海の生態系と漁業地域の財政を守ることに大きく貢献している。

この記事の画像

「今夏も「パタゴニア」のバギーズをはきたくなる。そう思えるマイナーチェンジの中身を解説」の画像1 「今夏も「パタゴニア」のバギーズをはきたくなる。そう思えるマイナーチェンジの中身を解説」の画像2