半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた

看板娘という名の愉悦 Vol.57
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

日が高いうちから飲むお酒は、また格別である。今回は半蔵門でそんな僥倖に恵まれた。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
気候もちょうど良い。

半蔵門とは江戸城の門のひとつで、これがそのまま地下鉄の駅名になっている。TOKYO FMの本社および放送スタジオがあることでも有名だ。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
駅の位置は中央の「現在地」部分。

目指す店、「ラハイナ」は半蔵門駅を出てすぐ。この辺りは超都心にも関わらず、地元に根ざした蕎麦屋などを含め、気になる個人商店が散見されるエリアだ。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
グリーンの陰に隠れたテラスが目印。

どうやら、パスタが売りのカフェのようだ。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
メニューの数がかなり多い。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
女性が喜びそうな店である。

通りに面した大きなガラス窓越しに店内を覗くと、看板娘が働いていた。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
テーブルのセッティング中。

テラス席に座って、さっそくオススメのお酒を尋ねる。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
「カフェラテがインスタ映えすると評判ですよ」。

当連載はインスタ映えを目指しているわけではない。彼女に「お酒はよく飲みますか?」と聞くと「大好きです」。おお、重ねて好きなお酒を尋ねると「スコッチのバランタインです」。それですよ。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
どんな飲み方でも670円。

「いつも、ロックで飲みます」というので、彼女の流儀に準じることにした。

半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
「お待たせしました〜」。

今回の看板娘はちあきーぬさん(25歳)。本名はご想像通りに千明だが、高校3年生のときにTwitterを始める際に、なんとなく「ーぬ」を付けて登録したことがきっかけでニックネームとして周囲に浸透したという。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る 2019年3月21日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。