夫への感謝と苛立ちが入り混じる言葉「それ、触らないでいいから」
拡大する(全1枚)

夫への感謝と苛立ちが入り混じる言葉「それ、触らないでいいから...の画像はこちら >>

>連載「妻からの『キツイひと言』読解講座」をはじめから読む

夫たちが妻から言われた「キツいひと言」の裏側を、現役ママでもある筆者が紐解く本連載。第5回のテーマは「家事分担」にまつわるひと言。共働き家庭が当たり前になりつつある今、これで揉める家庭は多いようです。


やってもらうと余計にイライラする食器洗い

「私が食器洗いをすると綺麗に洗えていないと洗い直しをしている妻。最近は『洗わないで』と言われている。どうすればいいのか……」(41歳・男性)

「妻が食事後の洗い物が大変そうで、いつもため息をつきながらやっているので、できるだけ自分が洗うように心がけたが、『洗い物しないで』と言われた」(40歳・男性)

「家事を手伝うと怒られ、手伝わなければそれはそれで怒られる」(38歳・男性)

こういったやりとりは、私の周りのママ友たちの会話からも見えてきます。例えば「洗い物をしてほしいけど、夫がやると食器の油汚れが全然落ちてないから、結局後で洗い直しているのよね」とか「夫が洗濯物を干すと、シワシワのままだったり、広げて干していなくて半乾きになっていたり、微妙なんだよね」など。

おそらく、こういったことを感じて、がっかりした気持ちになった末に、夫に対してイライラした態度をとってしまったり、「洗い物しないで」と言ってしまったりしているのでしょう。

一方、夫側からすれば、せっかくやったことに対してそういう態度を取られると、やる気が失せるのは当たり前ですよね。「文句を言われるくらいならやらない」という気持ちにもなると思います。