異なる顔を持つ “表裏ある”腕時計が、男の多面的な魅力を引き出す

誰だって「アイツには表と裏がある」なんて言われたくないだろう。表と裏には、本音と建前を使い分けたり、状況や相手によってうまく立ち回るようなネガティブなイメージがある。

しかし両者は本来、対概念を意味し、表は裏を隠すのではなく、裏の予感となり、一方で裏は表を演出するものでもある。

ひとつに拘泥するのではなく、多面性を持つ男は魅力的だ。今回テーマとしたのは、そんな腕に似合う裏表という概念がない時計。身に着ければ名刺代わりとなるはずだ。


FRANCK MULLER
フランク ミュラー/ラウンド スプリットセコンド ダブルフェイス クロノグラフ

異なる顔を持つ “表裏ある”腕時計が、男の多面的な魅力を引き出す
世界限定50本。K18PGケース、39mm径、自動巻き。645万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949、ジャケット10万9000円/ルイジ ビアンキ マントヴァ(トヨダトレーディング 03-5350-5567)

裏表で多機能を搭載したフランクの源流
ブランド設立前のフランク・ミュラーが1992年に手掛けた時計を忠実に再製作。時分を指すインダイヤルを6時位置に配すという当時でも奇抜だったレイアウトを受け継ぎ、ラップタイムを計測できるスプリットセコンドクロノグラフを備える。文字盤の中心にセットされた針と左右のカウンターでそれを示し、裏面にはタキメーター、テレメーター、パルスメーターの3種類の計測機能を搭載。

異なる顔を持つ “表裏ある”腕時計が、男の多面的な魅力を引き出す

表のクロノグラフ針をスタートさせると、同軸上の裏の針も動くという仕組みだ。天才時計師と謳われるフランク・ミュラーの類いまれな発想力と技術力がここに凝縮されている。


SINN
ジン/206.ARKTIS.II

異なる顔を持つ “表裏ある”腕時計が、男の多面的な魅力を引き出す
SSケース、43mm径、自動巻き。59万円/ホッタ 03-6226-4715

ローターに刻むのは独自技術に対する自信と誇り
正式なブランド名は“ジン特殊時計会社”であり、そのプロダクトには質実剛健と評されるドイツのモノ作りの美学が宿る。このクロノグラフは北極海の潜水時でも身に着けられる時計として開発され、特殊オイルの採用で-45℃から+80℃の気温、水温での動作を保証する。ケースバックから覗くローターに記された雪の結晶マークと-45℃の刻印が実力の証しだ。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る 2019年6月16日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。