ギネスにも登録されている国産オープンカーの雄「マツダ・ロードスター」の魅力

ヨーロッパのプレミアムカーブランドでは、各モデルのラインナップに必ずといっていほどオープンモデルが設定されている。アメリカでも昔から、オープンカーでドライブする文化が根づいている。

それに対して、日本はオープンエアでのドライブが欧米ほど一般的ではなく、国産車のオープンモデル自体も減少傾向にある。とはいえ、オープンカーが贅沢で爽快な気分を味わわせてくれることは間違いない。

ギネスにも登録されている国産オープンカーの雄「マツダ・ロードスター」の魅力

そのとき、どんなオープンカーに乗るべきか? その選択肢に必ず入れたいのが、マツダ「ロードスター」。

デザイン、軽快なドライビングフィール、手の届く価格と、選ぶべき理由はいろいろある。しかしもっとも大きな理由は、「ロードスターだから」なのかもしれない。


オーナーのほどんどは「指名買い」

1989年12月29日は、日経平均株価が史上最高高値の3万8957円をつけた日として記録されている。いわゆるバブル景気の時代だ。この空前の好景気のなかで、日本の自動車メーカーはのちに名車と呼ばれることになる車を何台も生み出した。

例えば、トヨタ「セルシオ」、日産「スカイラインGT-R」「フェアレディZ」、スバル「レガシィ」……。こうしたことから、1989年は国産車の「ヴィンテージイヤー」とも呼ばれている。なかでも、ライトウェイトオープンスポーツとして当時の若者に絶大な人気を誇ったのがマツダ「ロードスター」だ。

ギネスにも登録されている国産オープンカーの雄「マツダ・ロードスター」の魅力
初代モデルはマツダの別ブランド「ユーノス」から販売されていたので、ユーノス「ロードスター」として覚えている人もいるかもしれない。

驚くべきは、その人気ぶりである。2015年にデビューした現行モデルの4代目「ロードスター」を含めた累計販売台数は、じつに100万台以上。これは世界でもっとも売れた2シーターオープンカーとして、ギネスワールドレコーズにも認定されている数字だ。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る 2019年7月5日のライフスタイル記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。