水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た

看板娘という名の愉悦 Vol.73
好きな酒を置いている。食事がことごとく美味しい。雰囲気が良くて落ち着く。行きつけの飲み屋を決める理由はさまざま。しかし、なかには店で働く「看板娘」目当てに通い詰めるパターンもある。もともと、当連載は酒を通して人を探求するドキュメンタリー。店主のセンスも色濃く反映される「看板娘」は、探求対象としてピッタリかもしれない。

ふらりと入った店が当たりだと嬉しい。水道橋の「伊賀屋」もそんな一軒だった。しかも、看板娘がいる。本連載にぴったりだ。

会計の際、店長に取材オファー。快くOKをいただいた。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
そんなこんなで夜の水道橋へ。

店頭では「もろこし天ぷら」の大看板が圧倒的な存在感を誇る。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
前回は、これに引き寄せられるように入店したのだ。

ランチライムも営業しており、夜の部は17時半から始まる。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
看板娘の姿もキャッチ。

席に着いてメニューを開く。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
ビール、ハイボール、サワー、焼酎。

どれにしようか。看板娘にオススメを尋ねると、囁くような声で「うちの日本酒は美味しいですよ~」。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
おお、こんなところにもドリンクメニューが。

「『豊盃』で知られる青森の三浦酒造さんが夏限定で出している『ビキニ娘』、飲んでみますか? 知る人ぞ知る大人気の日本酒です」

1合980円。いただきましょう。

NEXT PAGE /

看板娘、登場

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
「お待たせしました〜」。

千代田区生まれ文京区育ちのアーバンガール、キャロさん(29歳)。

「高校時代に仲の良い女子グループで貴族みたいなあだ名を付けるのが流行って。私はキャロラインになりました」

この店は幼馴染の男性の紹介で働くことになったという。

水道橋の人気居酒屋で、囁きボイスの看板娘からα波が出た
目移りするラインナップ。

フードメニューを見ていると、キャロさんがまた囁いた。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る 2019年7月11日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。