元日本代表が誇るラグビーマインド「“誰かのために”が結局は自分のプラスになる」

>【前編】を読む

現在、ラグビー解説者として活躍する大西将太郎さん(40歳)。1999年、22歳のときに初めて日本代表に選出された大西さんだったが、その後は代表から遠のく日々が続く。

2003年W杯での同世代の活躍を見て、悔しい気持ちはさらに募った。そこで大西さんはオーストラリアにラグビー留学。クラブチームに所属し、そこで改めてラグビーを見つめ直すことにしたのだ。

元日本代表が誇るラグビーマインド「“誰かのために”が結局は自分のプラスになる」

「当時は海外チームと試合する機会自体が少なかった。海外でプレーしてみて自分が今までいかに小さい世界のなかでラグビーを見ていたか、痛感しました」。

異国の地で学んだこと、それは現在の日本ラグビーの合言葉「ワンチーム」にも通ずる精神だった。

「海外では選手同士がしっかりコミュニケーションを取らないと、そもそもパスがもらえない。そこで初めて、『自分は日本で甘えていたかもしれない』と気づきました。ラグビーではまず、仲間に認めてもらうことが第一だったんです。体を張ったタックルを見せて、自分が仲間を信じれば仲間もそれに応えてくれる。信頼のもとにプレーすることの大切さを、コミュニケーションが難しい状況下だからこそ強く感じたんです」。

今年の日本ラグビーの躍進も、異なる文化や背景を持ちながらも互いをリスペクトし、勝利に向けてチームが一丸となって闘う姿勢が呼び込んだ結果だった。選手間の信頼の重要性を痛感し帰国した大西選手は、2007年に再び日本代表に選出された。


あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る 2019年11月19日のライフスタイル記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。