元日本代表が誇るラグビーマインド「“誰かのために”が結局は自分のプラスになる」

NEXT PAGE /

14試合ぶりの敗戦ストップ

2007年当時のラグビーW杯といえば、日本代表は1995年大会から敗戦を続けていた「負の時代」。だからこそ、自身の手で日本を勝利へ導きたいという想いは強かった。しかし、世界の壁は厚い。初戦はオーストラリアに大敗し、開幕から3戦連敗。

そんな状況で迎えたカナダ戦、試合終了間際に大西さんのコンバージョンゴールが決まり同点。W杯における日本の連敗記録を見事ストップさせた。当時の心境を大西さんはこう振り返る。

「僕がキックで14連敗を止めた感じになっているけど、そもそもあのキックをもらえるチャンスがなければ僕も決められなかった。ラグビーはトライやキックのチャンスが生まれるまでの過程が大事なんです」。

元日本代表が誇るラグビーマインド「“誰かのために”が結局は自分のプラスになる」
2007年のW杯、カナダ戦で同点となるコンバージョンゴールを決めた大西さん

ラグビー独自のルールであるキッカーは、会場中の視線を一身に集める存在。そのプレッシャーは計り知れない。

「そのときに思ったのは、今この瞬間どうやっても『結局自分がやってきたことしか出せない』ということ。外れればそれが自分の実力だし、入れば今までやってきたことが間違っていなかったと思えるだけ。ラグビーに『たられば』はない。そう覚悟を決めた瞬間に歓声も何も聞こえなくなって、ボールを蹴っていました」。

ボールをセットして蹴り上げるまでの、心を整える数秒間。大西さんの中には静かな覚悟があったのだ。

NEXT PAGE /

現役引退の葛藤

幼い頃からラグビーに人生を捧げ続けている大西さん。これまでラグビーが嫌になったことはなかったのだろうか。そうたずねると、「練習とかは好きなことだしまったく辛くなかったけど……、いちばんしんどかったのは引退を決めたあとですね」と静かに答えた。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。