最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?

スーパーカー顔負けの0→100km/h加速3秒台をマークするスーパーSUVが存在する。

ポルシェ? アストンマーティン? 答えはどちらもNO。

最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?
左が「ランボルギーニ ウルス」、右が「ジープ グランドチェロキー トラックホーク」。

市販車最速のSUV(編集部調べ)は、ファイティングブルこと「ランボルギーニ ウルス」と、サーキットの鷲を意味する「ジープ グランドチェロキー トラックホーク」である。


最速は猛牛か? 鷹か?

最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?
2017年にランボルギーニ初のSUVとして話題をさらったウルス。車名は家畜牛の先祖にあたる大型野生牛にちなんだもの。その血脈には歴代ランボルギーニが車名を拝借した闘牛たちが連なる。車両価格は3068万1070円〜。

加速性能は「ランボルギーニ ウルス」がなんと0→100km/hで3.6秒! 一方の「ジープ グランドチェロキー トラックホーク」は3.5秒(0-60マイル)に達する。

いずれも算出単位に多少の差はあれど、このタイムは最新ポルシェ911 カレラS(ローンチモード使用時)と勝るとも劣らない数値を叩き出す。背が高く、車重2トン以上の大きな体躯を持つ5人乗りSUVなのに、である。

最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?
4代目現行型となるグランドチェロキー。既に登場から10年と年次設計は正直古さが否めないものの、まだまだ現役選手。「トラックホーク」はジープ史上最高スペックを手に入れ、価格も同社最高額となる1356万円〜に。


SUVでもランボらしさ全開のウルス

「ランボルギーニ ウルス」の心臓部は4L V8ツインターボ。最高出力650ps、最大トルクは850Nmを発生。最高速度は305km/hに達する。

最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?
ランボルギー二初となる市販ターボエンジン4L V8ツインターボを搭載。その強力なパワーを8AT+フルタイム4WDというパワートレインで路面へと伝える。

コクピットは至るところに六角形の意匠を取り入れた戦闘機のようなデザイン。エンジン始動は写真中央の赤いフラップをはねあげて、スターターボタンを押すというワクワクするギミックだ。

最速SUVに乗るなら、らしいランボか、らしくないジープか、どっち?

始動時の爆音こそランボルギーニらしいが、街を流す程度では普通の乗用車的に乗れる大人しさ。乗り心地は終始フラットで、タイトコーナーでは背の高さを感じさせない、従順な猛牛だ。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。