手軽に始めるバンライフ。常識破りな「N-VAN」の遊びをサポートする仕様

       

「VAN for LIFE」とは……

ホンダが2018年7月に発表した「N-VAN」は、軽バンとしては異例のFF(前にエンジンを置き前輪を駆動)を採用した。

手軽に始めるバンライフ。常識破りな「N-VAN」の遊びをサポートする仕様
2018年に登場したホンダの軽バン「N-VAN」。

これまでは「小さなボディにたくさんの荷物を積むと、ボディ後方が重みで沈み込み、前輪が浮くのではないか。浮いた前輪では路面を掴めない=走れなくなるので、その心配が不要な後輪駆動がベスト」というのが軽バンの常識だった。

実際ライバルのスズキとダイハツの軽バンはFR(エンジンを前に置き、後輪を駆動)だ。

手軽に始めるバンライフ。常識破りな「N-VAN」の遊びをサポートする仕様
無駄を削ぎ落としたシンプルな運転席周り。

だからFFベースの「N-VAN」は、当初「本当に使えるのか?」と思われたのだが、その心配は杞憂だった。

タイヤをほぼボディの四隅に配置することで、荷重の中心を後輪よりも前にし、かつ同社お得意の低床化技術で重心を低くした。ちなみに同じくホンダの「アクティ・バン」と比べて床は140mmも低い。

しかもエンジンは前輪の上に重しのように配置されている。これらのおかげで荷物の重みで車体が沈み込んでも前輪が浮き上がらないのだ。

考えてみれば、大きさこそ違うがルノー「カングー」だってFFだ。「前輪が浮く」というほうが杞憂だったのかもしれない。


間口と使い方を広げるピラーレス

もうひとつの“常識破り”が、前席と後席との間にあるピラー(柱)がない「助手席側センターピラーレス」構造だ。

手軽に始めるバンライフ。常識破りな「N-VAN」の遊びをサポートする仕様
これまでダイハツ「タント」をはじめ、乗用車にはピラーレスの採用例はあるが、軽バンとしては初となる。

ピラーがないことによって後ろからだけでなくサイドからも大きな荷物を積めるので、釣り、キャンプ、サーフィン、自転車など、さまざまなレジャーで便利に使えるはずだ。

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。