フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族もきっと文句なし

フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族もきっと文句なし
       

ヒリヒリするような緊迫感が快楽になる「488ピスタ」や「F8トリブート」など、V8エンジンをミッドに積むフェラーリとは異なり、気軽にコンビニに行けるような“一見”物腰ソフトな「ポルトフィーノ」が、この度「ポルトフィーノM」へと進化した。

フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族も...の画像はこちら >>

3855ccのV8ツインターボをフロントに搭載し、後輪を駆動させるFRフェラーリ。2+2の4人乗りで、後席は狭いながらも子供なら毎日送迎することができるだろう。スイッチを押せば14秒で、ハードルーフが開いて頭上に太陽と青空が広がる。

ちなみに車名は、地中海の美しい海に臨むイタリアの高級リゾート「ポルトフィーノ」に由来する。

フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族もきっと文句なし


2方向に“モディファイ”されたポルトフィーノ

フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族もきっと文句なし

新型コロナによる一時的なファクトリー閉鎖後、最初に発表されるフェラーリ。車名に入った「M」はモディファイの意味で、同社ではパフォーマンスを押し上げる進化を遂げたモデル(F512M、575Mマラネロなど)に使われてきた記号だ。

Mたる由縁は、まず従来のポルトフィーノに対して最高出力が20ps引き上げられて620psとなったこと、7速デュアルクラッチから小型で高効率な8速デュアルクラッチトランスミッションへと進化したこと。

さらにドライビングモード「マネッティーノ」が従来の「ウェット」「コンフォート」「スポーツ」「ESC(横すべり防止機能)オフ」の4モードに加え「レース」モードが追加されたこと。

フェーラリサウンドを日常使い。「ポルトフィーノM」に家族もきっと文句なし

ドライビングプレジャーを最大限に引き出すことに重点が置かれたこのレースモードでは、ドライバーのステアリングとアクセル操作をより直感的にしてくれる。そのために最新機能がエンジンや四輪を微細にコントロールし、アクセルやステアリングやアクセルによるドライバーの指示をタイムラグなく、瞬時に伝えてくれる。


当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「コンビニ」に関する記事

「コンビニ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コンビニ」の記事

次に読みたい「コンビニ」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。