川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
駅前商業施設内の水族館は日本初。
       

「看板娘という名の愉悦」とは……

今回降り立ったのはJR川崎駅。1日平均で約40万人の乗降客数を誇る巨大ターミナル駅である。

今年7月には駅前の商業施設に水族館がオープンしたようだ。これは、のちの伏線となる。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追...の画像はこちら >>

東口を出て歩くこと5分。目指す「山芋の多い料理店」に着いた。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
なんと素晴らしいネーミングセンスだろう。

文字通り、産地直送の山芋料理がメインの居酒屋で、西葛西と麻布十番にも姉妹店がある。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
ハロウィーン仕様の店内には看板娘の姿。

メニューには『注文の多い料理店』にも出てくる注意書きのオマージュ。どこまでも気が利いている。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
ドリンクは「自然薯ビール」(900円)、これで決まりだ。

川崎のティーティーブルワリーと共同開発したビールで、自然薯の茶葉から抽出した成分を製造過程で入れることによって風味やコクが移るという。


看板娘、登場

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
「お待たせしました〜」。

今回の看板娘は雅(みやび)さん。川崎生まれ川崎育ち、21歳の大学生だ。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
続いてフードメニューを拝見。

「三種のとろろ食べ比べ」(720円)、これは外せない。さらに、雅さんと相談したうえで、「長芋豚巻ステーキ」(600円)といちばん人気の「明太とろろいそべ揚げ」(2個で720円)も注文した。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
「山芋の多い」というか「山芋尽くし」になった。

食べ比べは右上から時計回りに大和芋、自然薯、長芋。長芋は水分が多いため、食感が残るように粗くすっている。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
それぞれに個性がある。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
店の軒先に鎮座する現物。

これらの山芋は契約農家から定期的に届く。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
とくに北海道の中澤さんとは長い付き合いなんだそうだ。

驚いたのは自然薯の粘り。箸でそのまま持ち上げられる。

川崎の山芋居酒屋で、看板娘が「水族館で働く」という夢を追いかけていた
皮ごとすっているせいもあるのだろうか。

また、ステーキは蒸した長芋に豚バラを巻いて焼き上げ、バターとニンニク醤油のソースで煮詰める。

磯辺揚げは明太子に大和芋のとろろをかけて揚げたものを自家製のめんつゆでいただく。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。