SUVも電気の時代へ。BMWが発表した「iX3」に見るそのあるべき姿とは

日本では三菱「i-MiEV」、日産「リーフ」以降、なかなか次の電気自動車(EV)が現れない中、日本に遅れをとったように見えたドイツ勢の巻き返しがここにきて激しい。

2019年にはメルセデス・ベンツが「EQC」を日本でも発売を開始。先日はBMWも「iX3」を発表した。

SUVもこれからは電気の時代へ。日本メーカーにはまだないEVのSUV、BMWが発表した「iX3」から、その魅力を探ってみよう。


「EQC」と真っ向勝負!? 

SUVも電気の時代へ。BMWが発表した「iX3」に見るそのあるべき姿とは
「iX3」は、「X3」とほぼ同サイズの全長4734×全幅1891×全高1668mm。燃費ならぬ電費を稼ぐため、空力が考えられた専用ホイールを装備する。

SUVのEV時代の幕を開けたのがメルセデス・ベンツの「EQC」。それに対してBMWは今年7月に「EQC」と同じクラスの「iX3」の発売を発表した。

ただし「EQC」が4WDなのに対し、「iX3」は後輪駆動。代わりに同社の得意の“駆け抜ける歓び”を味わえる、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)らしい走りが楽しめるという。

航続可能距離は、WLTCモードで459km。測定方法が異なるNEDCモードだと520km。

日本でも販売されている「i3」をはじめ、これまでも電気自動車をはじめとした電動車(「i8」のプラグインハイブリッドなど)を研究・開発してきた同社。そこから生まれた「第5世代eDriveテクノロジー」を搭載する最初のモデルとして登場したのが「iX3」だ。

このテクノロジーは2021年に登場が予定されている「i4」(4ドアクーペ)や「iNEXT」(未来形のSUV)にも搭載されることになっている。

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。