厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説

ずっと絶対的王者だったレガシィツーリングワゴンが姿を消した国産ワゴン市場。日産と三菱自動車は、今ではワゴンを1台も作っていない。

そんな厳しい時代を生き残った国産ワゴンは、一芸に秀でたモデルばかりなのだ。

 


①走りを楽しむ“攻めのカローラ”

厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説の画像はこちら >>


トヨタ カローラツーリングワゴン

長年、新車販売台数の首位に輝くなど、日本の“オーソドックス”代表と思われていたカローラシリーズ。ところが2019年のフルモデルチェンジで突然方向転換した。

少しクセの強いフォルムと新世代のプラットフォームを手に入れ、輸入車勢に劣らぬスポーティなハンドリングとしなやかな乗り心地を備えたのだ。

カローラツーリングワゴンには1.8Lエンジンと1.8Lエンジン+モーターのハイブリッド、さらに走行性能に自信があるからだろう、1.2Lターボエンジン×6速MTという「走りを楽しむワゴン」まで用意された。

またオーディオやカーナビを潔くスマートフォンに任せるため、スマートフォン連動型ディスプレイをメインに据えている。

厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説
ハイブリッド車にはAC100V・1500Wのコンセントを備えることができる。非常時の給電システムに使えるほか、アウトドアシーンでも便利。

今や世界150の国と地域で販売され、世界のオーソドックスになろうとしているカローラゆえ、全幅は1745mmと5ナンバーに収まらないサイズ。

国内では5ナンバーサイズの旧型カローラフィルダーも併売されている。

 


②実はキャンプにも向く商用ワゴン

厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説
プロボックスはトヨタカローラ店で販売されており、トヨタ店とトヨペット店ではサクシードという名前で、中身はまったく同じ、デザインもほぼ一緒の兄弟車が販売されている。


トヨタ プロボックス

荷物や人を運ぶ商用車として多く使われているが、実は隠れた高速番長なのがプロボックスだ。

この記事の画像

「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像1 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像2 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像3 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像4
「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像5 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像6 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像7 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像8
「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像9 「厳しい生存競争に勝った国産ワゴン5台。各車の魅力を簡単解説」の画像10

当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク