大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本

機械式の原点であり、機能も最小限に絞る「手巻きのドレスウォッチ」。その潔さに機能美と男のダンディズムが薫り立つ。

なかでも注目の一本は、どれだ?

 


王道の新たな扉を開く次世代のニュースタンダード

大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? そ...の画像はこちら >>


PATEK PHILIPP
パテック フィリップ/カラトラバ 6119

機械式の原初である手巻き式は、パテック フィリップにとってもすべての根幹といえるだろう。その次世代を示唆する新開発ムーブメントは、従来と変わらぬ厚みの香箱をふたつ並列。歩度の安定性と約65時間の持続時間を実現し、さらなる拡張性を秘めている。

記念すべき初搭載には、1930年代のカラトラバ誕生初期からの伝統的なクルー・ド・パリで装飾したモデルを選んだ。スモールセコンドのバランスも美しく、王道の気品が漂う。

 


伝統を継承し、時代を超えるドイツ高級時計の象徴

大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本
K18PGケース、35mm径、手巻き。214万5000円/A.ランゲ&ゾーネ 0120-23-1845


A. LANGE & SÖHNE
A.ランゲ&ゾーネ/サクソニア

1990年に復活を遂げたA.ランゲ&ゾーネの初代コレクションのひとつとして誕生し、創業の地から名付けられたモデル名のとおり、ブランドの礎としてあり続ける。

シンプルなバーインデックスを特徴に、高い視認性と優美を併せ持つドイツ高級時計の洗練が薫る。さらに4分の3プレートやチラネジテンプ、手彫り装飾を施したテンプ受けなど様式美あるムーブメントは独自の哲学を雄弁に語るのだ。

35mm径という現行では稀少なサイズも愛着が増すだろう。

 


刻み続ける時と同様、手巻き式も進化を止めない

この記事の画像

「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像1 「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像2 「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像3 「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像4
「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像5 「大人にこそ似合う“手巻きのドレスウォッチ”、今選ぶなら? その候補5本」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク