すべてはスノボのために。雪山に魅せられたフリークが選ぶスノーギア

昨季スキーを手にした人がいれば、冬の山に再び戻ってきたスノーボーダーもいる。
雪山の前では彼らは皆、平等に雪を愛する男たちなのだ。彼らがなぜ雪山に魅せられることになったのか、その熱い想いを語ってもらった。

すべてはスノボのために。雪山に魅せられたフリークが選ぶスノーギア

Case1 山口アツシさん(52歳)
職業:グラフィックデザイナー
スノーボード歴:20年
よく行くスノースポット:ニセコ(北海道)
年間滑走日数:50日
愛車:ランドローバー ディスカバリー3 2007年式

山積する仕事に向き合う日々から、一度はやめたスノーボード。以来、サーファーとしてのライフスタイルを確立させた山口アツシさんは、7年前に久しぶりに訪れた北海道ニセコで人生の転機を迎えた。

「雪を滑る感触を忘れていたともいえるくらいに久々の雪山で、いきなり玉井さんと出会ったんです。人生が大きく変わった瞬間でしたね」。

レジェンドスノーボーダーの玉井太朗さんは、サーフィン的なアプローチのスノーボードを提唱する第一人者。このときの出会い以降、パウダースノーにマニューバーを描く玉井さんと彼の仲間が体現するスノーサーフに触れ、山口さんは雪上サーフィンの虜になっていった。

一方で仕事の仕方は課題のまま。出した結論は、「スノーボードを仕事にしよう」というものだった。

「ボードのグラフィックやブランドのカタログ、ロゴの制作など、山で出会う人たちからの仕事が少しずつ増えていきました。一緒に滑るとお互いを理解するのが早い。これもスノーボードの魅力なんでしょうね」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OCEANSの記事をもっと見る 2019年1月14日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。