ファーストクラスのサービスを追い求め、CAからセラピストの道へ進んだ男

ファーストクラスのサービスを追い求め、CAからセラピストの道へ進んだ男


「ファーストクラスのサービスを。そんな想いでサロンを立ち上げました」。

四谷三丁目駅を降り、徒歩数分。閑静な住宅街を進んだところに現れる、オレンジと黒を貴重にした洒脱な建物のなかに、市原充さん(51歳)のサロン「アーユルヴェーダサロン ウパスティティ」はあった。

ファーストクラスのサービスを追い求め、CAからセラピストの道へ進んだ男

部屋に入った瞬間、オイルの香りが鼻をくすぐる。部屋の中心にベッドが一台置かれたプライベート空間は清潔感に包まれていた。ここは、日本ではまだ珍しいアーユルヴェーダの施術がマンツーマンで受けられるサロンである。

市原さんが独立してサロンを開業させたのは、2年前。40代も後半にさしかかってのことだった。それ以前の市原さんの仕事は、なんと大手航空会社の客室乗務員。CA(キャビンアテンダント)だったのだ。

長年の夢だったというCAを辞め、なぜ市原さんはアーユルヴェーダのセラピストになったのだろうか。


女性だらけの職場で悪戦苦闘

1980年代から’90年代にかけて、CAは女性の憧れの職業として名を連ねる存在。社交的で人と接することが好きな市原さんにとっても、それは変わらなかったという。

ファーストクラスのサービスを追い求め、CAからセラピストの道へ進んだ男

「CA=女性というイメージがありますが、海外旅行が好きな自分にとっては乗客の方々と一緒に空の旅を楽しめて各地にステイできる客室乗務員は夢の職業でした。当時、日本の航空会社の中で男性が客室乗務員になれたのはJAL(日本航空)だけ。絶対にJALに入って、CAになりたかったんです」。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

OCEANSの記事をもっと見る 2019年1月14日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。