“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた

「弊社の看板娘」とは……

一般名称としては「気泡緩衝材」だが、川上産業の登録商標である「プチプチ」の方が世間に浸透している。

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究...の画像はこちら >>

今回訪問したのは、同社内のプチプチ文化研究所。そう、プチプチはもはや“文化”なのだ。

プチプチに関する雑学を紹介するカードもある。同社のネット通販で対象商品を買うともらえるそうだ。

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた
ほう、国によって呼称が異なるんだ。

また、同社では2001年から新幹線の沿線にユニークな看板を出している。現在は4代目で時速260km前後で通過するのにQRコードを記した謎看板(写真ではボカしています)。

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた
設置場所は神奈川県中郡大磯町内。

さらに、2021年9月には東京立川にある子供のための屋内広場「PLAY! PARK」にプチプチ製の遊具「Let’s! PLAY! PUTIPUTI!」が登場した(2022年3月まで)。

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた
これ、全部プチプチでできているんです。

そんなプチプチ情報を教えてくれたのは、研究所所長の杉山彩香さん。


看板娘、登場

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた

ちなみに、プチプチは川上産業の創業者が1968年から製造・販売し、当時は「エア・バッグ」という商品名だったという。

“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた
「プチプチ」を商標登録したのは1994年。

研究所を立ち上げたきっかけは何ですか?

「昔、IDOという携帯電話に1通1円で送れるプチメールという機能がありまして、その販促として電車に中吊り広告を出されていたんです。ふと見ると、広告に当社の大粒のプチプチを貼り付けたものでした」

プチプチにはいろんな可能性があると気付いた杉山さんは、社長秘書の業務をこなしながら、非公式の研究所を設立して情報収集を始めたという。2001年のことだ。

この記事の画像

「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像1 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像2 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像3 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像4
「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像5 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像6 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像7 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像8
「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像9 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像10 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像11 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像12
「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像13 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像14 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像15 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像16
「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像17 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像18 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像19 「“プチプチ®”看板娘が、愛してやまない梱包材を文化として研究していた」の画像20
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク