このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」

ポルシェのSUVといえばカイエンやマカンがある。キャンプに行くならこの2台が候補だろうが、そこにもうひとつの選択肢が加えられた。

このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタ...の画像はこちら >>

ふたり乗りのスポーツカー、ケイマンをベースにカスタムされた「By S 987C」だ。

2005年に登場した初代ケイマンは水平対向6気筒エンジンをミッド(シート後ろ)に搭載し、後輪を駆動させるMR。

911よりは価格がお手頃のため、エントリーモデルと思われがちだがさにあらず。ミッドシップ特有のひらりひらりとしたコーナリング特性は、RRの911とはまた別モノ。ポルシェが「(911、ボクスターに次ぐ)第3のスポーツカー」と宣言した通りである。

このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」
エンジンがミッドにあるため、ボンネット下とリアに荷物を載せることができる。

そんなケイマンの現行型は、718ケイマンと名称が変わっている。「718」とは1957年に登場した同名のレーシングカーが由来という特別なナンバー。ここからもポルシェが「第3のスポーツカー」と謳いたくなる気持ちがわかる。

ではキャンプにいける「By S 987C」の987とは? ポルシェ好きなら言わずもがなだが、2005年から2012年まで販売された初代ケイマンの型式を示す数字だ。

つまりこの「By S 987C」は初代ケイマンをベースにした特別な車というわけだ。

このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」
ラインナップがある程度揃ったモデル末期の車両本体価格は604万〜1027万円。現在の中古車の平均価格は300万円ちょっとといったところ。


元レーサーが作るから、オンロードもばっちり

987型ケイマンをリフトアップして、オフロード用のファットタイヤを備え、専用ルーフラックを載せただけで、もうカッコいい。

現行型(982型)ではなく、20年近く前の987型のデザインというのも、少し枯れた感、使い込まれ感があって、このオフロード仕様のエクステリアに似合っている。

この記事の画像

「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像1 「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像2 「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像3 「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像4
「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像5 「このポルシェ、正真正銘“オン・オフ兼用”。老舗専門店のカスタム「ケイマン」」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク