クラシックカーに明るい視界を│個性を表現するヘッドライト

クラシックカーに明るい視界を│個性を表現するヘッドライト
ヘッドライトは車の目であり、特に重要なのが個性的な表情を持つレンズだ。1950年代のルーカス製7インチ・プレフォーカスバルブの直線的な格子柄や、古いマーシャルの盾のモチーフ、キャレロの独特なパターンなど、どれもクラシックカーを彩る大事な文様である。高級志向のオーナーなら、古いイギリス車にルーカスのPL700を装備しているかもしれない。3本のバーが組み込まれたライトは、いかにも貴族的な趣を醸し出す。
 
ただし、問題がないのは太陽が沈むまでの間だ。すっかり暗くなると、前時代のフィラメントが放つ黄みがかかった柔らかな光では、目の前の状況をつかむのに心もとないと感じることもあるだろう。たとえ交通量が少ない道で、最近流行のHIDランプで網膜が焼かれるような思いをしなかったとしても、前方の視界が良好であれば、現代社会でクラシックカーを運転するストレスも多少は減るというものだ。また、寄る年波に勝てる者はおらず、夜目は徐々に衰えてくる。
 
とはいえ、古い車のライトがすべて役立たずという訳ではない。1960~70年代のルーカス製シールドビームユニットをバカにする人は多いが、4灯で光軸がきちんと調整されていれば、少なくともメインビームはかなりの明るさだ。ただし、古いシールドビームは、レンズパターンが"正しくない品"ですら、なかなか見つからなくなっている。
 
バルブ式のヘッドライトなら、単純にハロゲンランプと交換するのもひとつの手だ。ただし、成功する保証はない。交換したバルブのフィラメントが完全に同じ位置ではない可能性があるからだ。そうなると光軸の鋭さが鈍り、外縁部にグレアを発生することもある。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「クラシックカーに明るい視界を│個性を表現するヘッドライト」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    安倍晋三は古い車の税金を猛烈にあげた。貧乏人を痛めつけてそんなに嬉しいかクズ野郎。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。