「走ることは自由そのものなのです」リシャール・ミル氏にインタビュー

「走ることは自由そのものなのです」リシャール・ミル氏にインタビュー
ヨーロッパ人というのはおしなべて車を運転することを苦としない。ばかりか「美味しいお店があるからどうだい」と誘われて、それが100kmも離れた場所だったなどという話がまんざら大袈裟な話ではないほどに走る。どうやら我々日本人とは自走による移動時間と距離感覚が抜本的に違うように思えてならないほどに。そんな「走ること」が全世界的規模で制度的にも精神的にも制約された春と夏を過ごした。こんな時だからこそあらためて、走ること、車を楽しむことについて語りたい。できれば生粋のカーラヴァーと。
 
はじめてリシャール・ミルさんの邸宅にお邪魔した日のことはよく覚えている。4年前のことだ。「ル・マン クラシック」を観戦・取材した翌日だった。場所はパリの南南東300kmほど、「ル・マン クラシック」の開催地であるサルト・サーキットからは南東へ450kmほどの距離にあるレンヌという街の郊外。スケジュールはリシャール・ミルさんの邸宅でのランチが予定されていた。我々は昨晩のうちにル・マンを離れ、レンヌ近郊のホテルに宿泊、翌日の午前中にはリシャールさんの邸宅に向かった。

リシャールさんご本人が到着したのは正午過ぎ。我々がウェルカムドリンクを頂戴しはじめて間もなくだった。自身の運転する車をスルスルと敷地に入れながら、「お待たせしました!一部道が混んでいていまして」。聞けば「ル・マン クラシック」のアフターパーティなどがあり、今朝ル・マンから走ってきたそうだ。耳を疑うような話だが、早朝から450kmの行程を自身がステアリングを握ってドライブし、日本からのゲストとランチを執ることはまるで特別なことではないようだった。

当時の記事を読む

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。