すべては「For The Drivers」|ロータス エミーラ V6 ファーストエディションの受注がスタート!
拡大する(全1枚)
本日10月29⽇(⾦)より、ロータス エミーラ V6 ファーストエディションの受注がスタートする。

エミーラは、ロータスのビジネスとブランドの継続的な変革を体現した新しいミドシップエンジンのプレミアムスポーツカー。印象的なデザイン、スポーツカーのクラスでも、最高の乗り⼼地とハンドリングを実現するスリリングなダイナミックパフォーマンス、すぐれた空⼒特性をもち、すべては「For The Drivers」、つまりドライバーに比類のない体験を届けるために造られた車だ。

【充実のコンフィギュレーターで自分だけのエミーラを】(写真14点)

エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの能⼒や特徴、技術に基づいて構築されたエミーラは、新しい軽量の接着アルミニウムシャシーを搭載する。これはロータススポーツカーのDNAの本質的な部分である。

V6 ファーストエディションのパワーユニットは、エキシージとエヴォーラに供給されている3.5リッタースーパーチャージャーV6エンジンとなり、2シーターの後ろにミドマウントされている。オープンマニュアルギアチェンジメカニズム + メッシュグリルのスポーツレシオ6段マニュアルトランスミッションと油圧式パワーアシストステアリングの組み合わせにより、最高出⼒405psを発⽣する。

ロータスカーズ、マネージングディレクターのマット・ウィンドルは、「エミーラは私たちがこれまでに作った中で最も完成度の高いロータスであり、当初から強いご要望を頂いておりましたお客様のためにも、最初の⾞は特別でスペシャルなものにしたいと考えました。ファーストエディションに相応しいスペシャル仕様にすべく、仕様装備は我々のデザインチームが慎重に選択しました」と述べている。