特別な車と過ごした、短くも愛おしいひととき|もうひとつのロスマンズ・ポルシェ(後編)
拡大する(全1枚)
この記事は「おそろしく希少で、最高にクールな SC/RS|もうひとつのロスマンズ・ポルシェ(前編)」の続きです。

これから私がドライブするSC/RSのシャシーナンバーは"WP0ZZZ91ZES110007"。これは、もともとロスマンズカーとして製作された5台のうちの1台で、トイヴォネンの手で1984年のコスタ・スメラルダ・ラリーを制した車両そのものである。サルディーニャ島で開催されるこのイベントは、トップレベルのグラベル・ラリーとして知られていた。これはSC/RSが優勝した初のヨーロッパ・イベントであり、ポルシェとプロドライブにとっては忘れることのできない1勝となった。

【画像】エンジンやコクピットまでが特別な1台(写真11点)

この年、トイヴォネンは参戦した8戦中6戦で表彰台を獲得したが、うち2回の表彰台は、この"0007"で勝ち取ったもの。そのうちの1戦が先に述べたコスタ・スメラルダで、もう1戦がラリー・デガリーグでの3位である。いっぽう、中東ではアル・ハジリが着々と栄冠を積み重ねており、結果的に彼は84 年と85 年にチャンピオンシップを連覇。SC/RSの評価を決定づけるとともに、「後輪駆動で活躍した最後のラリーカー」の1台としてその名を歴史に刻んだのである。

ヨーロッパで輝かしい戦績を挙げて以降、"0007"は手厚い保護下に置かれた。ダンカン・ハミルトンROFGOが仲介して現在のオーナーが手に入れるまで、ポルシェの記録によると4名がこのマシンを所有していた。初代オーナーは当然のことながらプロドライブ、続いてプレスコット・ケリー(ポルシェ・クラブ・ノース・アメリカの会長)、コレクターでアストンマーティンのかつての支援者として知られるマーティン・ピーター・リヴァノス、そしてジェフリー・アーウィンである。このマシンはオリジナリティーが極めて高く、エンジンやギアボックスも当時のまま。したがって、ドライブするチャンスを手に入れられたのは奇跡といっていい。