イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る

イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る
去る3月17日から18日にかけて『イタリア遺産車の集い in 掛川』が開催された。掛川城下の三の丸広場と、つま恋リゾート 彩の郷/カートコースを会場として実施された当イベントは、1990年までに発売されたイタリア車、イタリアンデザインのクルマ、主催者が認定した車両に参加資格が与えられ、オーナーおよび同乗者が愛車と共に「集う、走る、語る」を楽しんだ。

イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


静岡県掛川市が舞台となったのはイタリアのペーザロ市と掛川市が姉妹都市になっているからで、それ故に掛川城下の三の丸広場にイタリア関連のクルマを大々的に展示することが可能となったのだという。そして、ランチタイムミーティングの会場が三の丸広場から徒歩圏内の「イタリアンレストラン・ペーザロ」だったので、主催者側の粋な計らいがコンテンツの随所にちりばめられていた。

イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


ランチタイムミーティング後に再び車両展示会場に戻ったエントラントは、集合写真を撮り、愛車のエンジンを始動して市内を巡るパレードランに出発。

イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


その足で午後のイベント会場である、つま恋リゾート 彩の郷に向かった。

イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


イタリアの遺産車が掛川の地に集まる│Kode57がサーキットを走る


つま恋リゾート 彩の郷にあるカートコースに集合した各車は、ドライバーズミーティング後に競技の慣熟走行を兼ねたサーキットランを楽しみ、その後、希望者のみが参加する競技がスタート。この競技はカートコース/1周のラップタイムが速い者が勝ち、というタイムアタックではなく、50km/hアベレージでカートコース/1周を正確に走った人が勝ちというルールで実施された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Octaneの記事をもっと見る 2019年3月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。