車と恋に落ちてもらうために│クラシックカーを「ドライブ」することの愉しみを

車と恋に落ちてもらうために│クラシックカーを「ドライブ」することの愉しみを
偉大なアストンマーティンにふたたび命を宿す―そう標榜するのがイギリス北方に本拠を構えるアストン・ワークショップだ。私は訪問を試みた。

英国のはるか北、ダーハム地方にビーミッシュ村はある。歴史書に出てくるようなひなびた村に行ってみても、アストンマーティンを世界で一番多く売り上げ、レストレーションでも成功を収めた会社がそこにあるとはちょっと信じがたい。現地に到着し、広大な敷地に建つ建造物を見てもそんな思いは変わらない。アストン・ワークショップはよくあるスペシャリストとは趣を異にしているからだ。

すべての写真を見る
 
アストン・ワークショップは1988 年にボブ・ファウンテンによって設立された。設立後ファウンテンが不眠不休で働いても、会社の経営は綱渡り状態で、ときに利益を上げるために進んで危険を冒したりもした。そんなどん底のワンマンバンドの会社をビジネスが成り立つようにするまで25年の歳月を必要とするのだが、ほとんど海外で生活していた彼は会社の経営から手を引くしかなく、代わりに経営を託したのが当時営業部長だったクライヴ・ディキンソンである。現在もディキンソンがこの会社の経営に当たっている。

車と恋に落ちてもらうために│クラシックカーを「ドライブ」することの愉しみを

 
到着した私を出迎えてくれたのもディキンソンだった。今風のグレイの髪型に革のジャケット、デザイナージーンズをまとった彼は、アストンマーティンが本来もつイメージからはちょっとかけ離れた印象を与える。そういえばアストン・ワークショップそれ自体、成り立ちやロケーションも含めてちょっと違うのではと私は感じていた。しかしそれは自分が勝手に作り出したイメージにすぎず、彼の話を聞けば聞くほどそんな印象は吹き飛んでしまった。なにしろダイナミックでエネルギッシュ。彼らが挑戦的なビジネスに関わっていこうとする情熱は、まさにほとばしるという表現がふさわしい。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年5月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。