小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史

小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史
拡大する(全4枚)
最初のポルシェがオーストリアの小さな小屋で誕生してから、70年が過ぎた。その間はまさに波瀾万丈、様々なできごとがあったのだ。

すべての写真を見る

1930年秋に設計事務所をいて独立したフェルディナンド・ポルシェ博士には、ほとんど家庭生活がなかった。ダイムラー・ベンツほかで大きな業績を残したポルシェ博士のもとには、同世代のエンジニアの中でも突出して仕事の依頼が多く舞い込んだ。ツェンダップ、NSU、アウトウニオン、アウストロ・ダイムラー、こうしたドイツメーカーがポルシェの顧客であった。のちにビートルの愛称で知られることになるKdFワーゲンの設計も手がけた。そのプロトタイプは、シュトゥットガルトの自宅ガレージで製作された。
 
小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史


ドイツ産業界が戦争に備え始めていた1939年、ポルシェ博士は、同じように才能豊かな息子フェリーと共に、3台のレーシングカーを設計、製作した。ベルリン・ローマ間耐久レースに向けて造られたタイプ64と名付けられたマシンは、タイヤまでを完全に覆う流線型のクローズドボディのミドシップに、KdFから流用した空冷式水平対向4気筒エンジンを搭載していた。ポルシェのバッジこそないが、この車こそ最初のポルシェといえるだろう。
 
だが、第二次世界大戦の勃発によって、タイプ64のレースデビューはかなわず、ツッフェンハウゼンにあったポルシェの工場も、軍用装甲車の組立工場へと変わった。1944年、連合軍の爆撃によって工場が破壊されると、残ったポルシェ関係者はオーストリアのグミュントへ疎開し、会社のトップは、元製材所の健康によいとはいえない環境で細々と仕事を続けた。

この記事の画像

「小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史」の画像1 「小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史」の画像2 「小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史」の画像3 「小さな小屋でスタートした?│ポルシェの波乱万丈な歴史」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク