ナンバーが付いたポルシェのスーパーカー│911 S/Tをスウェーデンから英国へ

ナンバーが付いたポルシェのスーパーカー│911 S/Tをスウェーデンから英国へ
ポルシェ911 S/Tをスウェーデンから英国まで運転して持ち帰る。そんな旅に同行しないかと誘われて、断る人がいるだろうか?

油圧式リフトの横でカメラに笑顔を向けるロルフ・ニールソン(40ページ右上の写真)。その頭の横にぶら下がっているのは、リフトに乗った1971年ポルシェ911 S/Tのタイヤだ。ニールソンがこの車と出会ったのは1989年のこと。ミュンヘン近郊に住むドイツ人オーナーから譲り受けてスウェーデンに持ち帰ったのだ。

すべての写真を見る

この車とは以来の付き合いで、隅から隅まで完全に知り尽くしている。ただ、何年も前にすでに顧客に売却しており、今回手放すオーナーは彼ではないが、やはり別れは名残惜しいようだ。何と言っても自分の手でリビルドし、レースに参戦し、また修復してきた車である。売却したあともずっと面倒を見てきた。それが今、数千㎞彼方の新天地へ旅立とうとしているのだ。私は他人事ながら一抹の罪悪感を覚え、いたたまれない気持ちになった。
 
だが、それこそがジョシュ・サドラーと私に課された仕事だ。この公道も走れるコンペティション911に乗り、スウェーデン南東部からデンマーク西端までを横断。そこからフェリーで海を渡り、英国に持ち帰って、ジョシュが新しいオーナーに手渡すのである。ジョシュは、オックスフォード近郊にあるポルシェのスペシャリスト「オートファーム」を40年以上前に設立した人物だから、これほど心強い同乗者はいない。アーリー911についてジョシュの知らないことがあったら、それはたぶん知る価値のないことだ。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年5月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。