歴代ポルシェ356を振り返ってみる

歴代ポルシェ356を振り返ってみる
356 Pre-A
この1台からポルシェの伝説が始まった。1948年、ごく初期の車がオーストリアのグミュント工場(元は製材所)で製作され、これがポルシェの起点となった。空冷水平対向4気筒エンジンやサスペンションなど、パワートレインにはVWのコンポーネンツを流用しているが、スチール製ボックス構造のシャシーはポルシェ独自のもので、これに自製の軽量アルミボディを架装している。OHVの1086㏄ユニットはビートルではシングルキャブレターだが、ポルシェでは2基のソレックス・ダウンドラフト・キャブレターを備えて40bhpにパワーアップを図っていた。1949年に疎開先のオーストリアからドイツのシュトゥットガルトに戻ったポルシェは、量産に向けてロイター社にボディ製作を委託し、1950年4月にドイツ勢356の生産が始まった。この時からボディはスチール製になったが、オリジナルのスプリット・ウィンドウは引き継がれた。グミュント時代は生産台数が49台に過ぎず、品質も試作車の域を出ない程度だったが、ドイツに戻ってからは品質が格段に向上した。1951年にはポルシェが自社開発した1.3リッターと1.5リッターの新エンジンが登場した。1952年にはフロントウィンドウがV型スクリーンながら、分割式から1枚ガラスになった。この車は現代のエンスージアストが愛してやまないポルシェのアイデンティティーの起点だ。

歴代ポルシェ356を振り返ってみる

356 A/B/C

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年5月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。