ゴールドに輝くアルミニウムボディの個性派ロータス 26R 前編

ゴールドに輝くアルミニウムボディの個性派ロータス 26R 前編
それはロータスをベースとする軽量なスポーツカーである。ボディは金色に輝いているが"ゴールド"ではなく、アルミニウムでできている。ユニークだがちょっと派手なロータス、それはどんな車だったのだろうか、サーキットドライブを通して全容を語ってみた。

今日、"ロータスBチーム"といったら格下の二軍のチームと解釈されてしまうかもしれないが、1960年代の初期から半ばにかけての頃は、一般的なイメージとはまるで正反対で、むしろ名誉を感じさせるものだった。そんな常識を覆したのはもちろん、コーリン・チャプマン。彼が率いる若々しくて活気に満ちたチーム・ロータスは、下位のフォーミュラカーに始まり、やがて世界の強豪を打ちのめすグランプリ・ウィナーに登り詰めたのだ。
 
彼の仕事のペースは前例がないほど速かったといっていいだろう。1952年にロータス・エンジニアリングを設立すると、それから10年も経たないうちに、ロブ・ウォーカー所有のロータス18に乗るスターリング・モスに、あの有名なモナコの勝利を味わわせてしまったのだから。そのほかにも驚くに値する話は山ほどある。1954年にロータス・エンジニアリングから分離独立ししたチーム・ロータスは、1958年までシングルシーターの製作経験がなかったにもかかわらず、急遽その年、ロータス12を作り上げ、F2に打って出たのだ。

そしてその年の終わりまでにモータースポーツ界の最高峰(いうまでもなくF1だ)に挑戦する機会を得て、以後30年にわたってトップの座に君臨、コンストラクターズ・チャンピオンシップを7回獲得したほか、6人のドライバーをワールドチャンピオンに押し上げてしまったのだ。作り出す車もすごかった。歴史に残る革新的な内容に満ちたものばかりだった。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。