初のグランドツーリング、マクラーレンGTが日本登場

初のグランドツーリング、マクラーレンGTが日本登場
マクラーレンから、「ラグジュアリー化が進んだことで、ドライバーとの一体感を失ってしまった現代のGT(グランドツアラー)」に代わり、”新世代の超軽量グランドツアラー”マクラーレンGTが日本でも発表された。

今回、マクラーレンはグランドツアラーを再定義し、快適性、実用性、美しいスタイリングというGT本来の資質に加え、抜群のパフォーマンスとシュアなハンドリング特性、俊敏性、ドライバーとの一体感を高めるライトウェイトなグランドツアラーという、新たな価値を提供する1台に仕立てているという。

初のグランドツーリング、マクラーレンGTが日本登場
ボディサイズは全長4683mm×全幅2045mm×全高1213mm、車両重量は1530kg。新しいプロアクティブ・ダンピング・コントロール・サスペンションを装着、油圧式ステアリングシステムとの組み合わせでマクラーレンらしい走りを見せる。

これまでのスポーツ/スーパー/アルティメットシリーズと並ぶ位置付けとなるブランド初のGTモデル。概要はすでに発表されているが、「サーキット指向の性能にヨーロッパ大陸横断を可能とする能力が組み合わせられており、それらが美しいボディに内包されている」という。なお、日本での価格は2645万円(登録は10月以降のため消費税10%込み)とされた。

初のグランドツーリング、マクラーレンGTが日本登場
カーボンモノセルを採用したミドシップスポーツ、MP4-12C。600psのV8ツインターボを搭載した。

マクラーレンから独立し”市販車メーカー”として、2010年に設立されたマクラーレン・オートモーティブ。2011年に発表されたMP4-12Cから最新のスピードテールまで、スーパースポーツのみを生産してきた。今回のGTはそのランナップの中で最も広い室内とラゲージ、快適さと使いやすさをもつ初のグランドツアラーだ。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年6月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。