ヨーロッパ文化遺産を祝う日に公開されたシトロエンコレクションの保管施設とは?

ヨーロッパ文化遺産を祝う日に公開されたシトロエンコレクションの保管施設とは?
毎年9月の第三週の週末にヨーロッパ文化遺産の日(Journées Européennes du Patrimoine)が開催される。ヨーロッパ全土で一斉に行われるイベントで普段は公開されていないような歴史的建造物を含んでフランスだけでも1万5000カ所で見学できる日だ。その中のひとつ、Conservatory Citroën Heritage DS Heritageもこの日は一般公開される。

ここは、パリから北東にあるシャルル・ド・ゴール空港に近いオーネー=スー=ボア(Aulnay-sous-Bois)にあるシトロエンのコレクションを維持する施設である。シトロエン最初のモデルで、100年前に登場したシトロエンTypeAの1号車から2000年までの車両、300台余りがここに保管されているほか、デザインの段階で造られたモックアップなどシトロエンにとってまさに遺産となるモノがここに納められている。コンセルヴァトワールとはフランスで文化遺産を維持、管理する事を目的とした機関の意味であるのだ。

ヨーロッパ文化遺産を祝う日に公開されたシトロエンコレクションの保管施設とは?

エントランスに置かれたDS。外観は工場の一部だったこともあり 倉庫というような殺風景なもの。
 
このヨーロッパ文化遺産の日にここがガイド付きで公開された。せっかくなのでプレスで撮影では無く、一人の訪問者としてツアーに参加してみた。日本人らしく指定された時間より前に現地に到着する。場所は、他の工場などが立ち並ぶ一角。実はこの工場地帯、2013年まではPSAのフランスでも2番目に大きな工場だったが閉鎖してしまった。コンセルヴァトワールのみ、この地に残された。建物自体は一般公開するためでもないので周りの工場と変わらない殺風景なものだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Octaneの記事をもっと見る 2019年10月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら