フランスで唯一残る老舗自転車ブティック│電動アシスト自転車が登場

フランスで唯一残る老舗自転車ブティック│電動アシスト自転車が登場
自転車の宝石と呼ばれるアレックス・サンジェ。1938年創業のサンジェは2018年で80周年を迎えた 。第一次大戦後ハンガリーから移民してきたアレックス・サンジェ氏。元々サイクリストだった彼は、同じサイクリストの仲間とフランスでもサイクリングを楽しむようになる。決して裕福ではないので自転車を買うことが出来ない。だから自分たちで作った。その中でもサンジェ氏の作る自転車には定評があり、ブティックをパリの北、ルヴァロワにオープンしたのだ。ルヴァロワというと、シトロエンをはじめ車のメーカーやその部品、パーツメーカーも集まっていた地だ。  

まだまだ車がごく一部のお金持ちのモノだった時代。自転車での旅はフランス国内で大流行し 、シクロツーリズムというフランス独自の自転車文化が開花した。この当時の自転車屋というのは、メーカーの吊しの自転車を販売するのではなく、オーダーメイドが基本。乗る人の手足の長さから用途に合わせて、フレームのサイズや角度を決めていき一つ一つ作っていく。

フランスで唯一残る老舗自転車ブティック│電動アシスト自転車が登場

1938年当時から変わらないブティック。

この時代は星の数ほど、そういったオーダーメイドの自転車メーカーがあった。彼らはあくまでもアマチュアサイクリストである。そのアマチュアリズムの中で色々な競技が開催されていた。  

例えば、ハンガリーからの移民のエルネスト・スューカがいた。彼の脚力はプロにも劣らないもので、アマチュア競技でサンジェに乗ったエルネストは何度も優勝を重ねていった。メーカーとしてのアレックス・サンジェはこの頃すでにトップメーカーとなっていた。元々体の弱かったアレックス・サンジェ氏は、このブティックをエルネストと弟のローランに譲った。この二人はさらに磨きをかけて、後に宝石と称えられる自転車ブランドを確立していったのであった。  

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年11月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。