美しいサウンドと走りにゾクゾク!「大人」なスポーツカー ブガッティEB110 ル・マン

美しいサウンドと走りにゾクゾク!「大人」なスポーツカー ブガッティEB110 ル・マン
これは、記事『背中に感じる600馬力のパワー!│突出した魅力を持つブガッティEB110に試乗』の続きです。

今回の試乗では、1994年の時のように警察車両による先導もなければ、冷却ファンが不動という状態だった。おまけにフランスの道はかつてに比べて、路面の荒れが増しておりレースマシンには辛い。せめてスタート場所くらいはと、ラ・シャルトルシュルに位置する可愛らしいオテル・ドゥ・パリにした。ル・マン24時間参戦者なら誰しもが昔から⋯、それこそブガッティ・タイプ57が参戦していた頃から喉を潤しに集ったという記念すべき場所だ。ここで世界にたった1台しか存在しないEB110ル・マンを積載車から降ろし、サーキットへと移動した。

すべての写真を見る
 
サーキットは先週末の混沌が随所に残ったままだった。ご存じのように、サルテ・サーキットは毎年のル・マン24時間(1923年から)、隔年開催されるクラシック・ル・マンの舞台となっているが、その多くは公道を常設コースと"接続"したものだ。常設コースは全長4.185kmのサーキット・ブガッティで、EB110ル・マンを撮影するにこれほどふさわしいネーミングの舞台はないだろう。
 
サーキット・ブガッティでマシンを撮影するなら、ダンロップ・ブリッジを背景に入れるのが常套手段だ。取材時のサーキット・ブガッティには私たちしかおらず、"走り"の写真も撮影し、ル・マン24時間で走っているような雰囲気も再現してみることができた。筆者はEB110もEB110ル・マンのテストカーも運転したことがあるが、EB110ル・マンのステアリングを握るのは初めてだ。固定されたドライバーズシートに腰を下ろすと、ステアリングホイールまでの距離は完璧だったが、筆者が短足なのか、ハーネスを装着するとペダルまでは若干距離を感じた。そこでハーネスは装着せず、ペダルまでの距離を優先することにしてみた。コクピットの各種スイッチはすべてフランス語ゆえに、オーナーがEB110ル・マンの貸し出しとともに派遣した専属ドライバーに教えてもらい、ようやくスターターを回すことができた。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。