パッと現れ、パッと姿を消した・・│グループBで活躍したフォードRS200のパワー

パッと現れ、パッと姿を消した・・│グループBで活躍したフォードRS200のパワー
グループBにおけるフォードRS200のラリー・キャリアはとても短かったが、グループB以外ではポディウムを独占した。

パッと現れて、パッと姿を消した⋯。FIAによる突然のグループB廃止宣言により、420bhpを誇ったRS200のグループBでの活躍は、1年足らずで終止符を打つことになった。だが、実に輝かしい1年でもあった。マルコム・ウィルソンは1985 年9月、リンディスファーン・ラリーでいきなり優勝を飾った。RS200は1986年には6カ国で19優勝を果たし、ほぼすべてのヨーロピアン・チャンピオンシップを手にした。フォード・ファンが熱狂したことは想像に難しくあるまい。
 
グループB廃止を決定づけたのは、第5戦のツール・ド・コルスにてランチア・デルタS4を駆るヘンリ・トイヴォネンがコ・ドライバーのセルジオ・クレストと共に死亡した事故だった。それまでスティグ・ブロンクビスト、カール・グルンデルはRS200で4戦、ファーステスト・ステージタイムを叩き出していた。戦績はスウェーデンで3位、RACで5位、アクロポリスではレースをリードしていたが、ホイール・スタッドボルトの破損により表彰台を逃すことになった。
 
RS200は氷まみれのスカンジナビア、暑さと砂まみれのスペイン、ワインディングだらけのオランダやベルギー、そしてグラベル続きの母国イギリスにてそのポテンシャルの高さを見せつけた。また、グループBで初めての参戦となったマーク・ラヴェルは、ブリティッシュ・ラリー・チャンピオンシップで優勝した。RS200 の4WDシステムはどんな路面でもレースに有利であることを見せつけた。 

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。