BMW M2初!│すでに完売の60台限定 クラブスポーツモデルが登場

BMW M2初!│すでに完売の60台限定 クラブスポーツモデルが登場
BMW M2初のクラブスポーツモデル「新型BMW M2 CS」が発表された。サーキット志向の高性能コンパクトスポーツモデルであるBMW M2 コンペティションをベースに、より軽量化しサーキットでのさらなる高いパフォーマンスを発揮するための装備を搭載。モデルであり、日本全国60台限定で導入される。

新型BMW M2 CSは、BMW M2 コンペティションより最大出力を40ps向上させ、最高出力450ps(331kW)/6,250rpm、最大トルク550Nm/2,350rpm-5,500rpmを発揮する3.0リッター 直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、より高い走行性能を実現するモデルである。ダンパーおよびスタビライザーの特性をサーキット走行に適応させたアダプティブMサスペンションや、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で最適配分するアクティブMディファレンシャルを標準装備とすることで、サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、エンジンの性能を最大限路面へ伝達しながら、高い操縦安定性を発揮するのだ。

BMW M2初!│すでに完売の60台限定 クラブスポーツモデルが登場


より軽量化し走行性能を高めるため、ルーフ、フロント・スプリッター、リアスポイラー、リアディフューザーに加え、ボンネットに、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を採用している。ルーフには、CFRPを使用したサンドイッチ構造を取り入れることで、室内への遮音性およびボディの剛性を高めている。CFRP製ボンネットの中央には、大きな空気の流入口であるエアベントを採用し、高性能モデルに相応しい存在感あるデザインを実現すると共に、ボディ周辺や下部の効率的な空気の流れを生み出すことで、エンジンの冷却や、前輪にかかるダウンフォースを高め、空気抵抗を最適化することに貢献しているのだ。

BMW M2初!│すでに完売の60台限定 クラブスポーツモデルが登場


室内には、アルカンタラのMスポーツ・ステアリング・ホイールや、カーボン・ドア・ハンドル、カーボン・センターコンソールを装備し、シートには「M2」の照明付きエンブレムが装備されたM コンペティションスポーツシートを採用していることも魅力のひとつである。

なお、導入の60台はすでに完売しているとのことで、人気がうかがえる。

BMW M2 CS MT  1260万円(税込)
BMW M2 CS DCT  1285万円(税込)

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。