LINE:『サイバー防災訓練』を本日より開催、テーマは日常生活に不可欠な「アカウント」

インターネット事業会社と通信事業会社の全6社が参画し、インターネット上の防災意識の啓発を目的とした取り組み『サイバー防災訓練』を6月7日(金)より開催されました。

概要

『サイバー防災訓練』はスマートフォンを筆頭にデジタルデバイスが普及した昨今、一般の皆様がインターネットを安心・安全に利用するために、家の鍵を閉めるようにインターネット上でも防災意識を持つ必要性を喚起することを狙いとしています。

今年で3回目*の開催となる『サイバー防災訓練』のテーマは、インターネットを使う大多数の人が所有する「アカウント」です。

インターネットにおける多くの体験-例えばネットショッピング、決済、メール、SNS、デジタルコンテンツ(読書、音楽)の購入など-はアカウントによって利便性が向上します。

アカウントに紐づく体験や情報取得は増加傾向にあり、今やアカウントは日常生活に欠かせない存在となっています。

一方で、フィッシング詐欺やアカウント乗っ取りなどアカウントに関する不正行為を目論む人々も多くいます。

『サイバー防災訓練』ではアカウントの重要性を知って自分のアカウントを守る訓練施策を複数実施します。

オンライン上の施策が中心となりますので、開催期間中いつでもどこからでも参加可能です。

*2017年は「アカウント乗っ取りの疑似体験」、2018年は「フィッシング詐欺防災訓練」をテーマに実施しました。

今回は、皆様の日常生活に関わるサービスを展開する企業6社が一同に会して訓練を実施し、情報発信することで、参加者が自分の生活の中でいかにアカウントが大切で、守らなければならない存在であるかの認知向上を図ります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オクトバの記事をもっと見る 2019年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。