インディーズでつかんだ「自由」を謳歌するシンガー・ソングライター、THE S×PLAY(ザ・スプレイ)

インディーズでつかんだ「自由」を謳歌するシンガー・ソングライター、THE S×PLAY(ザ・スプレイ)
拡大する(全1枚)
太田出版ケトルニュース
音楽好きならば、「メジャー・レーベル」と「インディー・レーベル」という言葉を耳にしたことがあるだろう。一昔前、それこそ昭和の価値観では、インディー=マイナー&アングラというイメージもあった。しかし、ここ20年以上にわたって、クオリティ面でも売上げや人気の高さにおいても、メジャー所属アーティストを上回るアーティストは多数出現している。

資本力、プロモーションや流通のネットワーク、会社の規模や成り立ち、また対小売店への販売条件(返品可能or買い切り)など、違いももちろんあるが、メジャー・レーベルと提携を結んで運営を続けるインディー・レーベルもあるし、各インディーズレーベル特有の持ち味やDIY精神などに価値を見出したりする熱心なリスナーは別として、一般的なリスナー視点では、限りなくインディーとメジャーの違いというのは見えづらくなっている。

一方、アーティストにとってはどうだろうか。秋田出身、平成生まれの女性シンガー・ソングライター、THE SxPLAY(ザ・スプレイ)は「インディーズに自由を求めた」と語る。かつてTHE SxPLAYは、“菅原紗由理”として2009年にメジャー・デビューし、ミニアルバム『キミに贈る歌』が配信サイトで100万ダウンロードというヒットを記録しているが、2013年に菅原紗由理としての活動を終了。2014年、アーティスト名をTHE SxPLAYに改名し、インディーズからアーティスト活動をスタートさせた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク