大ヒット中の『おそ松さん』 TVアニメ化の経緯をプロデューサー語る

大ヒット中の『おそ松さん』 TVアニメ化の経緯をプロデューサー語る
太田出版ケトルニュース
       
赤塚不二夫の不朽の名作『おそ松くん』の6つ子が成長した姿を描いたアニメおそ松さん』(テレビ東京ほか)が、ブームと呼んで良いほどの人気となっている。赤塚の生誕80周年の年にスタートした『おそ松さん』は、どのように生まれたのだろう? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.124で、同作のプロデューサーである富永禎彦は、こう語っている。

「うち(studioぴえろ)は、フジオプロさんと30年ぐらい前にやったTVアニメ『おそ松くん』や『平成天才バカボン』でご一緒させていただいていて、その後も『バカボン』のパチンコ台に使われるアニメ制作などをしていくなかで、社内で『赤塚マンガをもう1度世に出したい』という話が出てきたんです。

しばらく地上波でアニメになる機会はなかったけれど、観てもらえれば今でもおもしろいものになるという確信が社内にはありました。『じゃあ、今やるならどれだろう』『おそ松くんだ』といった流れで、アニメ『銀魂』などをやられている藤田(陽一)さんならぴったりなんじゃないかと」

富永と藤田はもともとサンライズ(制作会社)で同期という間柄。そのような経緯で始まった『おそ松さん』だが、今のようなスタイルになるまでには、かなりの試行錯誤があったようだ。

「どれだけ捨ててきたかわからないくらいたくさんのネタをボツにしてきました。たとえばシナリオに関して言うと、松原(秀)さんはお笑いの構成作家をやられている方ですが、彼は話を作る時にはとにかくいっぱいネタを持ってきて、次々に自主ボツにしていき、それでも残った本当におもしろいものだけを使うんです」


当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「おそ松さん」に関する記事

「おそ松さん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「おそ松さん」の記事

次に読みたい「おそ松さん」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月11日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. おそ松さん 映画
  2. おそ松さん 漫画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。