新世代のゾンビを生んだ「バイオハザード」 過去作品との決定的な違い

新世代のゾンビを生んだ「バイオハザード」 過去作品との決定的な違い
太田出版ケトルニュース
死者が蘇り、生きた人間たちを襲い、食い尽くしていく──そんな「ゾンビ」がブームとなっています。1968年に公開されたジョージ・A・ロメロ監督の映画『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド(『NOTLD』)』が大ヒットしてブームになり、マイケル・ジャクソンの「スリラー」のPVにも登場して知名度をますます高めたゾンビですが、90年代に入るとブームは一段落。ゾンビ映画の公開本数も減っていきます。

このままゾンビは一時のブームで終わるのか……。そう思いきや、またも思いがけないところから、ゾンビ人気に火をつけるコンテンツが登場します。それが1996 年にプレイステーション用ゲームとして発売された『バイオハザード』でした。

アメリカ中西部の地方都市ラクーンシティを舞台に、市警の特殊作戦部隊の隊員たちとゾンビの死闘を描いた同作は、日本のみならず世界中で大ヒットしました。仲間の隊員に覆いかぶさっていた人物がこちらを振り返ると、そこにいたのは人肉をあさるゾンビだった……という冒頭のシーンは、今も世界中のプレイヤーからトラウマとして記憶に刻まれています。

『バイオハザード』はゾンビ映画からの引用も多く見て取れます。『NOTLD』や『ゾンビ』で描かれた「限定された空間で起こる恐怖体験」というロメロ作品のフォーマットを踏襲し、全編がほぼ一軒の洋館で進行します。実際、続編の『バイオハザード2』では、そのCM制作をロメロ自身が担当しているのです。つまり、70年代から80年代にかけてのゾンビブームに触れた世代が、そのオマージュをたっぷり盛り込んで作り上げたゲームだったわけです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. バイオハザード 映画
太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2017年8月31日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「バイオハザード + 映画」のおすすめ記事

「バイオハザード + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「モンスターハンター」のニュース

次に読みたい関連記事「モンスターハンター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュース

次に読みたい関連記事「戦国BASARA」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら