「目標」と「ノルマ」 同じ数値目標でも何が違うのか

「目標」と「ノルマ」 同じ数値目標でも何が違うのか
『ノルマは逆効果』藤田勝利(太田出版)より
会社員として働いていると、しばしば登場する単語が「ノルマ」。これを達成できない社員は“無能”のレッテルを貼られることになるが、そもそもノルマとはどういう意味なのか? 「目標」と「ノルマ」は何が違うのか? 『ノルマは逆効果 ~なぜ、あの組織のメンバーは自ら動けるのか~』(藤田勝利・著/太田出版)では、ノルマについてこのように解説している。

 * * *


ノルマという言葉を調べてみると、以下の意味が紹介されていました。

「ノルマ(ロシア語:Норма、ラテン文字転写Norma)とは、半強制的に与えられた労働の基準量であり、大抵の場合時間的強制も付加される。」(Wikipediaより)

ずいぶんおどろおどろしい定義です。第二次大戦以後、シベリアに抑留された兵士たちによって、『ノルマ』という言葉が日本に入ってきたと言われています。シベリアにおいては「必要最低限こなさねばならない労働量」という意味でこの言葉が使われていました。この定義を見るだけでも、その苦役の過酷さや痛みが伝わってきて胸がしめつけられる思いです。

しかし、この定義は、本当に「過去」のものでしょうか。この「半強制的に与えられた労働の基準量」は現代の多くの企業にいまだに根強く残っています。もちろん、シベリア抑留の時代とは状況は異なります。飢えや寒さもないかもしれません。しかし、「会社で保証(社員としての安定、社会的ステータス、少しでも良い査定やボーナス)を得るために、果たすことを強要される義務」は多くの会社に残り、人の働きがいや主体性を著しく奪っています。...続きを読む

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年3月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。