「盛り」は伝説のギャルサーの徹底した厳しさから生まれた!?「盛り」講座1回目レポート

「盛り」は伝説のギャルサーの徹底した厳しさから生まれた!?「盛り」講座1回目レポート
写真提供:スパイラルスコレー
4月17日(水)、久保友香『「盛り」の誕生 女の子とテクノロジーが生んだ日本の美意識』(太田出版)の刊行に際し、青山のスパイラルで著者による連続講座「『盛り』の誕生 ー女の子のビジュアルとテクノロジーの平成史ー」が開催されました。

第1回目は1990年代半ば以降の《MORI1.0》時代、まさに“イケてる”二つのイベントサークルの元代表・古田奈々恵さん、荒井悠介さんをお招きし、「盛り」の美意識に迫りました。ポケベルやプリクラなどが登場していくなか、「盛り」はどのようにして誕生したのか。当時、渋谷のセンター街を賑わせ、「盛り」のド真ん中にいたお二人のお話から、「盛り」が誕生したきっかけを抜粋し、一部公開いたします。

 * * *


久保友香:私が調べた限りでは、「盛り」という言葉が活字で明文化されたのは、奈々恵さんが編集長として2002年夏頃に制作したイベントパンフレットでした。そこには「盛りプリ」という言葉が書かれていました。このパンフレットで、なぜ「盛り」という言葉を使われたのでしょうか。

古田奈々恵:プリクラというのは、「ひとりで盛る」ことも大事なんですけれども、やはり「サークルとして盛れてる」ことが、私が所属していたサークル「アンジェリーク」のコンセプトであり、重要視されていたんです。私はプリクラを集める役割でしたので、みんな「プリクラ撮りました!」と持ってきます。そのとき、盛れてるプリクラは受け取るんですが、盛れてなかったらその場で捨てます(笑)。

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年5月1日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。