元号越し蕎麦「へいせいろ」を知った夜  『うたた寝は生活を狂わす』(第一回)

元号越し蕎麦「へいせいろ」を知った夜  『うたた寝は生活を狂わす』(第一回)
拡大する(全1枚)
太田出版ケトルニュースより
なんてことないことがなくなったら、なんてことあることしかなくて大変だ。これは、カルチャー誌『ケトル』の副編集長である花井優太が、生活の中で出会ったことをざっくばらんに、いや、ばらっばらに綴り散らかす雑記連載です。おそらく毎週更新されます。おそらく……。第一回目は、元号越し蕎麦の話。

 * * *


年越し蕎麦は聞いたことがあれど、元号越し蕎麦というのは聞いたことがなかった。しかしテレビを見ていたら、そんなものもあったらしい。いや、実際にあったのだ。偶然にも出くわしてしまった。

2019年4月30日の夜、僕がいたのは浅草の蕎麦屋。理由は、一杯ひっかけた後のサッパリした2軒目が欲しかったから。蕎麦屋でなければならなかったわけではない。友人に連れられるがまま歩いていたら、たどり着いたのである。千鳥足よろしく、まではいかないものの、アルコールは程度良くまわっている。唐揚げやら、牛タン焼きやらを食べたあとだったが、なんだかまだ口寂しい。酒も肴も〆もある場所は、お誂えだろう。

暖簾が頭に引っ付き、引き戸は音を立てて開く。ちょうど2人分空いていた掘りごたつの席に腰をおろした。飲み物はいかがしますか? 中瓶でビールを、加えて刺身もオーダー。味噌と生姜の選択肢を与えられたホタルイカは、生姜でお願いした。一つ前の店で口の中をまわった油は、だいぶ影を潜めてここでリセット、といった感じだ。小さなグラスに注いだビールは、舌の根潤すのに十分な量流れ込んでくる。日付が変わろうって時間だというのに、今飲み始めましたとでも言わんばかりの勢いを取り戻した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク