今日限りでコンビニが成人誌撤去 お世話になったエロ本への感謝と惜別の意を込めて

今日限りでコンビニが成人誌撤去 お世話になったエロ本への感謝と惜別の意を込めて
『日本エロ全史』(安田理央/太田出版)より
大手コンビニが、8月限りで成人誌の取り扱いをやめることになり、残りあと数時間でほぼすべてのコンビニからエロ本が消え去る。そこで、風前の灯となったエロ本への感謝と惜別の意を込めて、アダルトメディア研究家の安田理央氏が上梓したのが、7月2日に発売された『日本エロ本全史』だ。

同書は、日本最大級のアダルト誌コレクターの安田氏が、アダルト誌創刊号コレクションから、エポックメイキングな雑誌100冊をピックアップし、オールカラーで紹介するもの。1946年から2018年まで、日本のアダルト誌の歴史を創刊号でたどっている。

安田氏は高校生時代、グラビア目当てで購入した『ボディプレス』(1984年創刊/白夜書房)の面白さに魅了されて、エロ本の世界で働きたいという夢を持ち、アイドル雑誌の編集者としてAVページを担当したことで、エロ本の世界に足を踏みいれる。そして、1994年にフリーライターとして独立し、AV男優やAV監督もやりつつ、ライターとしてメジャー誌、マイナー誌、実話誌などで活躍。一時は年間売り上げが2000万円を超えた年もあったという。

約30年にわたり、エロ本の世界で生きてきた安田氏は、エロ本の終焉をどのように見ているのか? 自分という存在を育んでくれたエロ本文化へのラブレターでもあり、追悼の辞でもある『日本エロ全史』の「エロ本私史」で、安田氏はこのように書いている。

 * * *


2010年代に入ると、エロ本は完全に終焉を迎えることとなった。多くのエロ本出版社が倒産、もしくはエロ本から手を引いていった。残ったエロ本も、本そのものよりもDVDがメインであり、付録のブックレットのようなその誌面もAVメーカーから提供された写真だけで編集され、ライターが原稿を書くスペースはそこには無かった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年8月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。