池松壮亮×蒼井優で映画化の『宮本から君へ』 映画ビジュアル使用「特別幅広帯」が完成

池松壮亮×蒼井優で映画化の『宮本から君へ』 映画ビジュアル使用「特別幅広帯」が完成
映画ビジュアル使用の特別幅広帯を巻いた『定本 宮本から君へ』(太田出版)
池松壮亮×蒼井優で映画化される『宮本から君へ』が、9月27日(金)に公開されるのを記念し、原作の『定本 宮本から君へ』(太田出版)全4巻の映画化記念特別幅広帯が完成。9月上旬より順次書店に並ぶ。

『宮本から君へ』は、文具メーカーの熱血新入社員・宮本浩が、仕事や恋に七転八倒していく姿を描いた物語。1990年から1994年まで『モーニング』(講談社)で連載された新井英樹の同作は、昨年4月に池松壮亮主演でドラマ化され、ギャラクシー賞テレビ部門「奨励賞」を受賞した。今作は真利子哲也がメガホンを握り、ドラマのキャストとスタッフが再集結。主役はドラマに引き続いて池松が、ヒロインの中野は蒼井優が演じる。

5月には、池松が真っ赤なバラの花に食らいつく熱量の高いティザーが公開され、話題になった『宮本から君へ』。今回完成した特別幅広帯は、4巻とも異なる写真を使用しており、1巻は表面が池松、裏面が松山ケンイチ(神保和夫役。宮本が勤める「マルキタ」営業部で先輩だった。今映画では独立し新会社を経営)となっているほか、

「2巻」


表:・蒼井優(中野靖子 役。今作のヒロイン)


裏:池松壮亮

「3巻」


表:井浦新(風間裕二 役。靖子の元彼)


裏:佐藤二朗(大野平八郎 役。宮本の営業先、太陽製薬・資材部部長)

「4巻」


表:池松壮亮&蒼井優


裏:一ノ瀬ワタル(真淵拓馬 役)

というラインナップになっている。


写真1:新帯を巻いた『定本 宮本から君へ』全4巻(左から1、2、3、4巻)表面


写真2:新帯を巻いた『定本 宮本から君へ』全4巻(左から1、2、3、4巻)裏面

新たな帯が巻かれた『定本 宮本から君へ』は、9月より順次書店にて展開。確実に手に入れたい方は、書店で「新帯希望」とご注文を。なお、映画公開を記念して「『宮本から君へ』映画化記念プチ原画展 on twitter」が新井英樹&土田世紀 公式ツイッター( https://twitter.com/nekonekooreore )で開催されている。

あわせて読みたい

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年9月11日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら