『有吉の壁』で輝くとにかく明るい安村 「ほかの人が80なら僕は120で」

『有吉の壁』で輝くとにかく明るい安村 「ほかの人が80なら僕は120で」
拡大する(全1枚)
『Quick Japan』vol.153は「有吉の壁」特集
深夜番組からゴールデンのレギュラー番組となった『有吉の壁』(日本テレビ系)で、深夜時代から活躍し続けてきたのが、とにかく明るい安村。がむしゃらに笑いを取りに行くスタイルは、まさに“ミスター壁”と呼ぶに相応しいが、そのパワーの源は何なのか? 2020年12月25日発売の『クイック・ジャパン』vol.153で、安村はこう語っている。

「“『壁』の安村はドキュメンタリーだ”みたいなことはよく言われます。でもそんなつもりは一切ないんですよ。実力がないから、ほかの人が80くらいの力でやるところを僕は120でやらないと並べないんです。もうとにかく、余計なことは考えずに一生懸命やりきる。それだけです。

ほかの人は売れてるからいろんな仕事もあるけど、僕は『壁』オンリーなんで集中できますしね。番組がはじまった2015年はちょうど僕が売れかけてたときで、そのあと仕事がなくなったときも、ずっと『壁』は出してくれた。その感謝がもちろんあるし“結果残さなきゃ”って気持ちがノります」

丸坊主になったり、眉毛を剃ったり、自宅の部屋でバケツの水を何杯もかぶったりと、体を張ったネタを連発してきた安村。出演する芸人はコンビやトリオが多いが、ピン芸人であることも“過激路線”に拍車をかけているという。

「明日のことは考えない。それでもびっくりするくらいスベるときがありますから。特に僕はピン芸人だから、スベったときのダメージはコンビやトリオの人の倍以上なんですよ。積極的にほかの芸人とやることもないですし。『壁』でみんながコラボしてるのを見ると『いいなぁ』とは思ってます。でもやっぱり、ひとりでやりたい。そうじゃないとウケたときのうれしさが半減する気がするんです」

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。