いくら必要? 独身女性が亡くなるまでに必要な金額を知る方法

はじめに
いくら必要? 独身女性が亡くなるまでに必要な金額を知る方法

シングル女性は、いくらあれば老後の生活を送れるのか迷ってしまう人も多いはず。ホンマでっか!?TVでは、亡くなるまでに必要な金額が紹介されていました。

独身女性が亡くなるまで

独身女性が考えることと言えば「亡くなるまでにいくら貯金しておけばいいのだろう?」ということです。

ホンマでっか!?TVでは、森三中の黒沢さんが「亡くなるまでに必要な金額」を聞いていました。

亡くなるまでに必要な金額は……

亡くなるまでに必要な金額は1億2960万円でした。

条件つき

ただし、これは95歳まで生きると仮定して、34歳~95歳までの生活費のトータルになります。

計算方法
いくら必要? 独身女性が亡くなるまでに必要な金額を知る方法

Photo by plfonne

自分の年齢をnとします。

平均年齢は86.41歳。そのため、平均年齢まで生きると計算すると

86.41 - n = m

1ヶ月に必要な女性の生活費は18万円なので年間だと18万円×12=216万円

m × 216 = 必要な金額

平均年齢までの必要な金額が大ざっぱにではですが計算できます。

まずは5220万円

65歳から年金が従来通り支払われるなら、60歳の時点で5220万円の貯金があるといいとのことでした。

年金が支払われるかは疑問もありますが、まずはこの金額を貯金することからはじめてみてはどうでしょうか。逆算すると定年を迎えるまでに1ヶ月あたりいくら貯金すべきかもわかってきます。

ポイント

イメージ:足成

著者:kumiko3

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKGuideの記事をもっと見る 2014年2月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。