【東京】木原稔防衛相は1日午後の衆院予算委員会で、沖縄県うるま市のゴルフ場跡地に陸上自衛隊訓練場を新設する計画を巡り、同市の中村正人市長が計画の白紙撤回を要請していることについて「取得後の土地利用の在り方を改めてさらに検討している」と述べた。現時点での白紙撤回を否定した格好だ。
西銘恒三郎氏(自民)への答弁。

 木原氏は、陸自第15旅団(那覇市)の将来的な師団化に伴い、沖縄本島での「追加的に発生する訓練や物資の集積」などの必要が生じ、それを満たす必要があると強調した。
 その上で、訓練場計画について「わが国の防衛を全うする観点、住民生活との観点から、さらに検討している」と説明した。
木原防衛相「土地取得後の利用の在り方をさらに検討中」 現時点...の画像はこちら >>