沖縄県うるま市石川のゴルフ場跡への陸上自衛隊訓練場新設計画を巡り、うるま市自治会長連絡協議会と旧石川市議会議員OB会は5日、沖縄防衛局を訪ね、森広芳光企画部長に計画の白紙撤回と市全体への住民説明会を求める要請書を手渡した。森広企画部長は「白紙撤回の考えはないが、住民生活を考慮し土地取得後のあり方を検討する」と応えた。
住民説明会に関しては「土地の在り方の結論が得られた段階で説明を行う」と述べるにとどめた。

 要請後、うるま市自治会長連絡協議会の山城暁会長は、土地取得断念も求める考えを示した。市内にはキャンプ・コートニーやキャンプ・マクトリアスなどが既にあり、住民の負担は増えていると指摘し「うるま市全体の問題として取り組んでいく」と強調した。
 OB会の伊波常洋会長は「旧石川市時代から政治を見てきたが、保革を超えて議員が団結したことは初めて。それぐらい住民は計画に反発している」と語った。(中部報道部・又吉朝香)
うるま市自治会長連絡協、陸自訓練場の白紙撤回を求める 沖縄防...の画像はこちら >>