沖縄県うるま市で2016年4月、ウオーキング中だった会社員女性=当時(20)=が元海兵隊員で米軍属だった男に殺害された事件から8年となった28日、遺体が発見された恩納村安富祖の現場には献花台が設置された。訪れた人たちは女性を悼み、「事件を忘れない」と誓った。


献花台の前で手を合わせる人たち=28日午前11時38分、沖縄県恩納村安富祖

 元金武町長で遺族と親交のある吉田勝廣さん(79)は、女性の父親と2日前に会った。父親は「365日ずっと仏壇に手を合わせている。8年間ずっと寂しい。自分の娘に起こってしまったことを繰り返させてはいけない」と話していたという。
 4月28日は1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、沖縄が日本から切り離された日で、沖縄では「屈辱の日」とも呼ばれる。吉田さんは「歴史を継承しないと、みな忘れてしまう。
そうならないために、県民の決意が必要です」と訴えた。献花台は29日夕方まで設置予定という。
 うるま市の伊東ひろみさん(65)は、「女性に合った花を」との思いで、一輪のナデシコの花を手に足を運んだ。
 事件発生直後の5月、東京から移住するため、うるま市内で物件を探していた際に事件を知った。市内のコンビニで新聞を買った時、店員は「信じられない。怖くて外も歩けない」と声を震わせていた。
対応してくれた不動産会社の社員は「許せない」と怒りの声を上げていた。
 28日は、自身の一人娘の37歳の誕生日でもある。「あの事件以来、娘が年を重ねるごとに思い出して胸が痛くなる。全国の人たちにも、沖縄だけの問題ではなく自分ごととして考えてほしい」と語った。
 沖縄県警によると、2023年に県内で摘発された米軍人や軍属、その家族などの米軍構成員による刑法犯件数は前年比18件増の72件で、過去20年間で最多だった。摘発人数は前年比14人増の60人。
今年2月末時点では8件9人の摘発事案が発生している。

献花台に手を合わせる女性。キクやゲットウなどの花々や、ぬいぐるみが供えられていた=28日午前10時39分、沖縄県恩納村安富祖
事件後、有志らで遺棄現場近くに植えたキクの花を指す、遺族と親交のある吉田勝廣さん=28日午前10時33分、沖縄県恩納村安富祖

 
「忘れない」「自分ごととして考えて」 米軍属による女性殺害事...の画像はこちら >>
献花台の前で手を合わせる人たち=28日午前11時38分、沖縄県恩納村安富祖">
「忘れない」「自分ごととして考えて」 米軍属による女性殺害事件から8年 恩納村で追悼
献花台に手を合わせる女性。キクやゲットウなどの花々や、ぬいぐるみが供えられていた=28日午前10時39分、沖縄県恩納村安富祖">
「忘れない」「自分ごととして考えて」 米軍属による女性殺害事件から8年 恩納村で追悼
事件後、有志らで遺棄現場近くに植えたキクの花を指す、遺族と親交のある吉田勝廣さん=28日午前10時33分、沖縄県恩納村安富祖">
編集部おすすめ
沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース