沖縄県うるま市伊計区自治会公民館前でヤシの仲間のクロツグが色鮮やかに実っている。黄、紫などに色づいた実は幅45~55センチの房状になっている。

 同自治会の玉城正則会長は「公民館ができる前から自生しているようで、樹高が4メートル近い。実は500個以上付いているのではないか」と話している。

 甘い香りがするが、実には針状になった結晶があり、食べると舌がしびれたようになるとの報告もある。(与古田徳造通信員)